良い香り、悪い香り

加齢臭や体臭などがマスコミなどで話題になり、とかく匂いに敏感になりがちな日本人ですが、それぞれ個人によって良い匂いや不快な匂いという判断基準は個人差や好みがあるものです。ある人にとっては心地よい香水の香りが、ある人にとっては不快そのものであることも多いかもしれません。一般に体臭のきつい人が少ない日本人は、体臭について、匂いについて非常に神経質です。人は五感がある以上、初めて会った人の第一印象は見かけ、つまり視覚、それから声などを感じる聴覚、それから香水や僅かな体臭などの嗅覚で印象が決まるといといわれる程で、意外に匂いというのは侮れないものです。とくに印象的な香水をつけている人などは、その残り香でその人を区別できる程です。ですから、自分の香りを意識して身にまとうことは、第一印象、または社交上、とても大事なことなのが分かります。普段は気分で香りを身につけている人も、また、知らず知らずの内にシャンプーやボディーローションの匂いをほのかに香らせて居る人も、匂いの気になる夏に向かって、もう一度自分のこだわり、そして香りについて考えてみてはいかがでしょうか。自分が思っているより、ずっと人は香り、匂いというものに敏感かもしれません。喫煙、そして飲酒が多めな人は特に気を付けた方がいいでしょう。意外に煙草やお酒の匂いは汗の匂い以上に残るものですよ。

人気情報
http://www.electron-cigarette.jp

緊張やストレスの改善
http://www.checkin-travel.se/kokoro/kintyou.html